がん検診を受けるメリット

バナー

がん検診を受けるメリット

がん検診はその名の通りがんを発見するために行う検査ですが、健康診断や人間ドックと同じ目的があるため、自覚症状の無い健康な状態で検査ができる点にメリットがあります。
自覚症状が無いために発見した場合にも進行していないことが多いため、いわゆる早期発見、早期治療が可能となることがメリットになります。

がん検診は状況によって異なりますが、自覚症状がある場合には意味の無い検査となりますので、適切な医療機関で治療を進める必要があります。



がん検診で異常が発見されても、がんになる前のポリープの場合もありますので、早期発見は重要な意味を持つことになります。


早期発見により治療をはじめれば完治の確率が高くなりますが、検査の内容によっては発見しにくいがんもあるため、特徴を踏まえたうえで検査内容を決める必要があります。

検査は確実に行われるのが当然ですが、確実に発見できる訳ではないためがんの種類によって見落とされてしまうこともあります。

検査を受けても見落とされてしまうと意味がありませんので、医者の能力も関係してくる検査となります。



見落とされてしまうことを偽陰性と言いますが、検診でがんが発見されても精密検査では異常がない場合を偽陽性と言います。

がんの中には直接生命に影響を与えないものもありますが、どのような変化が起こるのかは現時点では解明されていないのが現実です。

ですから過剰診断でも可能性があれば精密検査を受けてみることが大切です。

がん検診と赤血球の信頼できる情報を公開します。